2016年01月06日

● V感覚の動詞フレーズを導く自動詞 イメトレ15.16


【日本人が英語を話せない理由はたった1つ、それは教育文法にある】

教育文法と言えば五文型理論。例えば、第一文型はS+Vであり、「〜ハ 〜スル」と日本語に訳しなさい、と教えている。このようなことで、英語が話せたり語彙が定着・蓄積できるわけがない。
I eat well.は、まず「私は」と訳し、次に「上手に」と訳し、「食べる」と後戻り訳が日本人を英語音痴にしている。
例えば、味の素のコーシャルでEat well, live well.といったものがあり、私が指摘する「行為・状態はひとまとりのもの」ということを表している。つまりことばというのは意味ある単位でとらえるべきだということだ。
ちなみに、この「イメトレ英会話学習法」のネイティブによる音声は、Eat a little(少し食べる), Eat too much(食べ過ぎる)などと動詞フレーズの読み上げをし、全文の読み上げとなっているのはこのことを表している。
また指摘しておきたいのは、このオンライン講座はすべてつながっていることだ。
Step1の「[九九]のように覚える英会話」では、すでにbe動詞系列と一般動詞系列の文の表現展開を身につけていることだ。
● V感覚の動詞フレーズを導く自動詞
● V感覚の動詞フレーズを導く自動詞
【イメトレ No.15】V感覚の動詞フレーズ (1)
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(1) He arrived early.
   彼は早めに到着した
(2) I'm afraid I may not answer.
   申し訳ありませんが、私は答えないかもしれません
(3) どちら様ですか? (電話で)
(4) 彼女の声はよく通ります
(5) 天気は変わるでしょう
(6) このカミソリはどうも簡単に切れないよ
(7) 彼は煙草を吸うが、酒は飲まない
(8) 彼女は食べることも、また飲むこともできなかった
(9) 新しい靴の履き心地はどうですか?
(10) あなた、(仕事などが)もう終わりましたか?
※ (10)は、他の人が新聞などを読んでいて、「もう(読み)終わりましたか?」といった場面でも使われる。

【イメトレ No.16】 V感覚の動詞フレーズ (2)
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(1) Your baby is crying too much.
   あなたの赤ちゃんはあまりにも泣き過ぎています
(2) You sometimes do too much.
   あなたは時々、やり過ぎるよ
(3) 彼は飲み過ぎるよ
(4) あなたは、食べ過ぎるよ
(5) 私はそのスーツにお金を払い過ぎました
(6) 私はあまり覚えていません
(7) あなたはお金を使い過ぎよ/時間をかけ過ぎるよ
(8) 私はずっとしゃべり過ぎたよ
(9) 私たちは働き過ぎるよ
(10)心配し過ぎないで!
※ (2)(3)(4)(7)(9)は現在形で、「ふだん〜する」といった感じでとらえてほしい。現在形は、現在の事実・習慣を表す。

受講者の方は引き続き「ナビゲータルーム」でネイティブの音声をお聞き下さい
受講者専用「ナビゲータルーム」