2015年12月27日

●
ママはいつも子どもを気づかう イメトレ3


【どうして日本人は英語を話せないのか?】

I feel all right.とI am feeling all right.の意味の違いを知っていますか?
前者は普通の文、後者はそれの進行形だとは誰も答える。しかし「私は大丈夫です」と訳すと違いがわからなってしまう。

前者は現在形だが、「現在の事実、習慣」を表す。
  I feel all right now.   私は今、大丈夫です  (現在の事実)
  I usually feel all right. 私はふだん、大丈夫です (習慣)
一方、後者は進行形であり、「現在の進行状態」を表す。
  I am feeling all right now.   私は今、大丈夫です  (現在の事実)

別の例をあげてみよう。
  Do you feel dull?
  Are you feeling dull?

私はSTEP1からのトレーニングで「英語は英語の発想でとらえるべきだ」と言ってるのは実はこのことだ。
日本語訳で「あなた、だるく感じるの?」と「あなた、だるく感じてるの?」との区別に躍起になるより、現在形と現在進行形はまさしく車の両輪だととらえるべきだ。
さらに別の例をあげておく。
  I live in Tokyo.
  I am living in Tokyo.
前者は、「私は、今、ふだん、東京に住んでるよ」、後者は「私は、今、東京に住んでる存在よ」ということ。

さらにこんな区別もできますか?
  How do you feel?
  How are you feeling?
受講生の皆さんは、STEP1の「[九九]のように覚える英会話」で、いやほどbe動詞系列と一般動詞系列のトレーニングをしていただきました。音声がいまだに耳に残っていると思います。
さらにHow did you feel?とかHow were you feeling?といった時制展開を描ける方も。
今回の【イメトレ No.3】feelの動詞フレーズには、どbe動詞系列と一般動詞系列の両方が混じっているのは、この英語の発想を身につけていただきたいからです。

●
ママはいつも子どもを気づかう

【イメトレ No.3】feelの動詞フレーズ
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※イメトレ学習法でのネイティブよる音声は以下のように進むことになる。
学習される方は、まずfeeling all rightなどのワンフレーズ(※赤文字部分)を口に出して表現し、それができてからAre youなど主語とbe動詞をつけて表現していただくことになる。
・・・・・・・・・・・・・・
(1) Are you feeling all right?
  あなた、大丈夫なの?
(2) I am feeling bad today.
  私、今日は気分が良くないよ
(3) I feel blue.
  私、憂うつよ
(4) Do you feel dull?
  あなた、だるく感じるの?
(5)
 
私、体中が熱っぽいのよ
(6)
 
私、気分がすぐれないよ
(7)
 
彼女、気分/元気がないね、意気消沈してるね
(8)
 
私、退屈だよ(退屈を感じるよ)
(9)
 
私、今日は少々(気分が)変だよ
(10)
 
私、くつろげないよ
※(9)のa
bitは、「少し」の意味。
※(10)のfeel
at
homeは「家にいるような感じがする」、つまり「くつろぐ」といった 意味となる。
※(1)(2)(9)は進行形で、「今~な感じがする」の意味。

受講者の方は引き続き「ナビゲータルーム」でネイティブの音声をお聞き下さい
受講者専用「ナビゲータルーム」