2016年01月11日

その1情緒動詞と原形動詞フレーズとの結びつき


【今日の学習】

PART 3 ネイティブの子どもはどのようにして表現を拡大するか?
〜5つの動詞フレーズを使って〜


原形動詞フレーズを使って

[1] 原形動詞フレーズをVO感覚で使って

●その1情緒動詞と原形動詞フレーズとの結びつき

以下のような動詞を私は情緒動詞と呼んでいる。ちなみにこれらは教育文法では助動詞として呼ばれているが、これでは何か文字通り「動詞を助ける」働きといったイメージしかわかないので、敢えて私はこう呼んでいる。情緒動詞は英語文法の Modal Verbsの日本語訳だ。
つまり教育文法では常に<助動詞+動詞>ととらえているが、これは英語の発想から言えば、間違っている。英語発想では、Do youやWill youのフレーズ(ファンクションフレーズ)と、like dogsやdrink milkの動詞フレーズとは完全に分離しているのだ。

  Do you like dogs? 犬が好きなの?
   Yes, I do.
  Will you drink milk? (これから)ミルクを飲むの?
   Yes, I will.

[情緒動詞の例]

  will - would   shall - should  may - might
  can - could   must, etc.

これら情緒動詞は、主体(主語)と一緒になって ファンクションフレーズを作り上げ、原形動詞フレーズを導く。たとえば、I will は、「自分が(これから)〜するつもりだ、〜だろう」との宣言、そしてその内容を原形動詞フレーズで説明するといった具合となる。
情緒動詞は後ろにnotをつけて否定形に、また主語の前において疑問形になることは言うまでもない。
ちなみに情緒動詞が過去形(上の例のそれぞれ右のもの)になると仮定的な意味を含み、その分ていねいな表現となることを知っておくといいと思う。これら情緒動詞の様々な意味はPART4で説明することにして、ここでは willとshallによる未来形の文例を見ていただきたい。

【イメトレ No.41】原形動詞フレーズを導くファンクションフレーズ (1)
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(1) Lucy will be angry.
   ルーシーは怒るだろう
(2) I shall be glad to do what I can.
   私は喜んでできるかぎりのことをいたします
(3) It'll be fine tomorrow.
   明日は晴れるでしょう
(4) Will you be free this evening?
   今夜あなたはお暇ですか?

(20) I will go with you, if necessary
   必要なら、(これから)私が君と一緒に行きます
※ (13)のcomeは、「出現する」という意味。相手のところに「出現する」ということは,日本語では「行く」ということになる。

---------------------------------------
3つの通信講座のブログには、受講者専用「ナビゲータルーム」を設置しています。
※このIDとpasswordを 一旦入れておくと受講者専用の「ナビゲータルーム」の記事はそのままご覧になれます。
イメトレ学習法のネイティブよる音声は、ブログ上でリスニングしていだくことになります。

受講者専用「ナビゲータルーム」